今井啓介選手後援会ブログ

広島東洋カープ・今井啓介選手後援会のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キャンプレポート

後援会の北郷昌明会長からのレポートです。

今井啓介投手、安定感増し開幕に照準

沖縄2014-09web 2月1日にプロ野球は一斉にキャンプイン。
広島東洋カープは2年ぶりに沖縄キャンプが復活した。
2年前までは「沖縄→日南(宮崎県)」と拠点を変えて汗を流していたが、今年はリニューアルされたコザしんきんスタジアム(沖縄市野球場)の開場に合わせ、「日南→沖縄」と移動。日南でじっくりと基礎を固め、一軍のみが沖縄に移動し実戦形式のキャンプを行う(2/21~3/03)。

今井投手の一軍メンバーを確認して、我々ファン一行7人は2月21日新潟空港から那覇空港に飛んだ。
沖縄2014-08web 21日の夕方にコザしんきんスタジアムに着いてスタンドに入り見学した。
沖縄は日没が遅い。収容人数15,000人:広さ両翼100m・中堅122m:駐車700台のすばらしい施設に変わっていた。見学後、ホテルにチェックイン。なんとカープの選手が宿泊するホテルと同じホテルだった。

沖縄2014-07web
 22日はVS阪神のオープン戦を見学した。広島主催のコザしんきんスタジアムでの試合である。
天気は晴れ、気温18度。入場の際、公式戦並みの手荷物検査を行うほど、こけら落しのゲームで、スタンドは満員。

沖縄2014-06webテレビ局解説は我々の後ろで山本浩二氏(元広島監督)が行っていた。先発は新人でドラフト一位の大瀬良大地(九州共立大)。2回を1安打無失点に抑えた。広島の野村監督が「先発第4」の男と期待するに値する投球内容だった。この日の今井投手の登板はなく、試合は2対2の引き分けに終わった。

今井啓介投手ブルペン入り(熱投91球)

沖縄2014-03web 23日の午前中は投手陣を追った。
1時間のウォーミングアップ、キャッチボールの後、投げ込み班とバントの守備練習班(前田投手はこの班だった)、本日の練習試合で登板する人達に分かれた。

今井投手はブルペンで投げ込みを行った。隣りに新人ドラフト2位の九里亜蓮(亜大)が投げていた。こんなに近い所(約6~7m)で見学が許されるのは広島カープくらいだと報道陣は言っていた。

沖縄2014-04web今井投手は畝(うね)投手コーチの見守る中、91球を本番さながら投げ込み、終了後コーチと捕手と確認ミーティングをしていた。ブルペンで最初から最後まで見学が出来、我々は最高の時を過ごした。内容を見て、今季「先発」で使って欲しいし、十分対応できると思った。26日の練習試合(vs巨人)に登板する予定という。

 午後からは同スタジアムでロッテ(先発は西武から移籍の涌井投手)との練習試合(入場無料)を観戦した。
先発は福井投手で3回5失点(3ホームラン)と崩れ、打線も1点と10対1で敗れた。昨年もそうだったが、打線が良ければカープはもっと上位を狙える。

沖縄2014-05web 24日に新潟に戻ってきて、26日の巨人戦に今井投手が先発という情報が入った。日テレG+で放送されるというので、沖縄の「確信」を確かめるべく中継を見た。

巨人主催の練習試合だが本番並みで、巨人の先発は杉内投手。2回1失点(1本塁打)3三振とまずまずであった。広島の先発は今井投手で、阿部捕手の代わりに新人小林捕手が入りほぼベストメンバーを相手に3回1失点(エラー絡みで自責点0)無四球と上々の出来であった。試合は2対4で広島の勝ち。

沖縄で見たとおり今井投手は開幕にあわせ順調に仕上がっている。
昨年は33試合2勝2敗、防御率3.23、投球回数61回1/3であった。公式記録に残らないがCS(クライマックスシリーズ)巨人戦での投球は圧巻(第2戦=7回8回を無失点、第3戦=6回7回を三者三振を含む無失点)であった。チーム事情で中継ぎ、後半での登板が多く、「どんな場面で起用されても必死の投球で期待に応えた。」と26年度選手名鑑に記されている。ファンの一人として、安定感が増した今年は是非、「先発」で起用され投球回数100イニングを達成して欲しい。大きく飛躍する気配がする。

あとがき キャンプ以外の報告

サインをもらうのは選手がユニホーム姿のとき

 選手と同じホテルに宿泊したが、選手が私服のときはサインを求めないのがルールである。
食事の後、エレベータ内で一緒になることもあるが選手にむやみに話しかけたりはしないこと。選手がユニホーム姿の時、(出発や到着の時)ロビーではカメラと色紙とサインペンを持ったファンでいっぱいだった。勿論、選手が私服のとき、写真撮影はご法度である。

沖縄で栃尾ゆかりの人に会う

 阪神とのオープン戦を早く入場し練習から見ようと並んでいた時のこと。
一行7人の前に高橋さんという人がいて、我々の会話を聞いて「栃尾の高庄(菓子屋)の遠い親戚です」と言う。埼玉県入間市の方で、広島に仕事で何年間か勤務した事がありカープファンになったという。広島市から来た人達とも友達になった。一期一会とはこのことか。
(文責 北郷昌明)
[ 2014/03/07 12:22 ] 今井啓介 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

uncleshige

Author:uncleshige
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。